目にも涼しい!壁面緑化で地球に優しく光熱費ダウン

都会の中に緑の壁が出現

近年は環境問題への関心の高まりを受け、国や自治体といったマクロレベルのみならず、個人や企業レベルでもさまざまな環境保護への取り組みが行われるようになってきています。そんな中、比較的手軽に導入できて光熱費のコストダウンにも役立つとして注目を集めているのが、壁面緑化です。

壁面緑化とは、ビルや住宅の外壁上で植物を育て、壁面を覆うことをいいます。ワイヤーを設置して蔓状の植物を這わせる、棚を壁の周囲に組み立ててプランターを置く、などいくつかのやり方があり、最近ではあらかじめ植物が生育したパネル型のユニットを取り付けるだけの簡単な工法も実用化されています。使われる植物もヘチマ・アサガオなど多彩で、収穫の楽しみを兼ねて野菜を育てるケースもあります。

経済的効果の他にイメージアップも

壁面緑化は、建造物にさまざまなメリットをもたらします。まず、緑に覆われた葉は直射日光を遮るため、暑熱が室内に伝わるのをある程度防いでくれます。そのため、夏場の冷房費を節約するのに役立ちます。同時に、日焼けによる壁面の劣化も抑制します。

また、設置された植物は生育の際に二酸化炭素を吸収し、酸素を排出します。そのため、温室効果ガスの削減にも貢献することになります。

さらに、視覚的な効果も見過ごすことができません。緑でいっぱいの壁面は人工物に満ちた都会の中で癒しを与えてくれるうえ、企業の自社ビル等にあっては環境保護への積極性をアピールすることとなり、イメージアップにもつながります。

壁面緑化は、都市部で問題視されているヒートアイランド現象の抑制や、災害時の保水機能を確保するために有意義な取り組みの一つです。