「ペットと一緒に過ごそう。買うと飼う。」

我が家に迎えいれるための方法は

少し前まではペットといえは犬や猫でしたが、今はのペット種類が豊富です。

うさぎ、ふくろう、リスザル、ハリネズミ、・・・挙げだしたらキリがないですね。

家に迎える方法も変わってきました。ペットショップやブリーダーが定番ですね。

ペットショップで小さな体にうるうるとした目で見つめられると「今すぐ連れて帰ります。」と言ってしまいそうになった方も多いのではないでしょうか。

ブリーダーさんの場合はしばらく親と兄弟たちと過ごすことができるため、社会性が身に付くということと、離れた後も兄弟たちとの交流が続くといった話もあるのは素敵ですね。

最近は保護活動も注目が集まり、保護施設から里親として受け入れるケースも多いです。保護された動物は人に対しての警戒心が強いです。特に既に大人になっている子であればなおさらです。もちろんある程度は人に慣れるとこやしつけはトレーニングされていますが。ペットを飼った経験のある人方がよいかもしれません。

環境は?買う前に注意すること

飼うためには自分の生活環境に合ったペットを見つけること、小さい頃に家に犬がいたから飼いたいと思っても一人暮らしで「仕事が忙しくあまり構ってあげられない」「家を空けるとこが多い」など、犬は人遊ぶこと一緒にいることが大好きです。そういった環境では犬がかわいそうです。

ペットたちにも性格があります。

さみしがり屋、甘えん坊、怒りんぼ、のんぴりマイペース。

自分とペットそれぞれに合った環境で楽しく過ごしてほしいですね。

子猫販売なら神奈川県の評判の良いブリーダー直販が良いでしょう。健康・衛生面でしっかり管理されて初めて飼う人にも安心です。