これで失敗知らず??愛犬の服の選び方のコツ

愛犬の姿を思い浮かべて選ぶ

どの飼い主さんも、愛犬に似合う服を買いたいと考えているのでしょうが、購入してから後悔することも少なくありません。その原因の一つに、服だけを見て決めているということが挙げられます。

デザインがかわいいからといって、必ずしも愛犬に似合うとは限りません。むしろ毛色とはまったく合わず、見た目が台無しになってしまうことがあるのです。他にもボーダーの服を買ったは良いですが、太って見えてしまうなどといったことも起こります。そこで服を買う時には、スマートフォンなどで愛犬を撮影しておき、それを見ながら服を選ぶようにしたいです。中にはペットも入店できるところがあるため、試着させてみてから考えるのも良い方法です。

サイズの測り方を理解しておく

どんなに似合う服を見つけたとしても、サイズが合わないと着られない、あるいは大き過ぎてすぐに脱げてしまいます。そのため愛犬のサイズを正確に測るようにしておきたいです。

まず首回りですが、よく耳の後ろで測ってしまう人がいます。ただ、それだと服を着せた時に胸元がだらしなくなる可能性があるため、首の付け根にメジャーを合わせます。暴れて測れないなら、首輪よりも少し大きめのサイズを目安にすると良いです。

胸周りは前足の付け根で測ると小さくて着られないかもしれないため、肋骨の一番大きく膨らんでいる箇所で測ると失敗が少ないです。次に背丈ですが、メーカーによっては着丈と書いている場合があります。しかしどちらも同じ意味で、首の付け根から尻尾の付け根までを測っておき、それらをメモしてお店に行って探しましょう。

犬の服(ドッグウェア)とは、愛犬にお洋服を着せてあげることで個性を演出してあげるものをさします。最近ではサイズや柄も豊富で色々な犬種に対応されるようになってきています。