注意!機械式時計を使う上でやってしまいがちなこと

ゼンマイが切れるまで巻く

機械式の腕時計には巻き上げの限界である「巻き止まり」があり、それ以上に巻き上げるとゼンマイが切れてしまうことがあります。時計が動かなくなって、手でゼンマイを巻いても手ごたえがないという場合にはゼンマイが切れてしまっている可能性があります。ただ長い間使っているうちに金属疲労によりゼンマイ切れを起こしてしまうこともありますので、切れてしまった時には時計のメーカーや時計店でゼンマイを交換してもらいましょう。

カレンダー機能の取り扱い

カレンダー機能の付いている機械式時計は日付表示の操作をしてはいけない禁止時間帯があります。具体的には20時から翌朝の4時までの間なのですが、この時間帯は歯車が日付表示を変える状態に入っていて、日時を変更すると歯車が欠けてしまうなどのトラブルにつながりやすいのです。また、時刻を合わせるときに過去に向かって時間を逆方向に回してしまうことも歯車の欠けなどのトラブルにつながってしまいますので注意しましょう。

磁気の影響を受けてしまう

特に腕時計の場合には知らないうちに磁気の影響を受けやすいというリスクがあります。普段私たちが利用しているスマートフォンやタブレット、パソコンなどは磁気を発生しているので、時計が磁気を帯びてしまう可能性は思っているよりも高いのです。なるべくこれらの機器に時計を近づけないようにすることが大切です。もし磁気の影響を受けてしまい時刻表示が大きく狂ったり動かなくなったりした時には修理に出すようにしましょう。

グランドセイコーは国内の時計ブランドの中でも、ハイブランドに当たる時計です。国内ブランドにこだわりたい方に最適な時計と言えます。