理解しておきたい!機械式時計は保守管理が必要なアイテムです!

一定期間ごとのメンテナンスの必要性

機械式時計に関しては最適な状況を長期にわたってキープするためにメンテナンスを実施することが求められるアイテムです。長くて5年間隔でオーバーホールというメンテナンスに出すことが重要になります。オーバーホールに関しては、機械式時計の製造メーカーにお願いするか、時計職人がマネージメントする時計店へ持ち込むことになります。アイテムにも影響されますが、オーバーホールに求められる料金につきましては、時計製造メーカーで行うケースになると5万円以上が多いです。基本料金に加えて、パーツ交換や修理箇所があるのであれば料金がプラスされます。オーバーホールを要請すると見積もりが示されますから、料金に満足できないケースではキャンセルしても問題ありません。

オーバーホールの実際的な方法とは

オーバーホールにおいては、機械式時計のケース内に入り込んだ皮脂汚れなどを除いて錆、あるいは腐食を食い止めたり、パーツのゆるみであるとか、パッキンといったチェックを実施します。それに加えて、経年劣化によりましてすり減ったパーツや古くなった潤滑油の交換なども行なって、買った時のコンディションに近い仕上がりにするのが特色になります。新品のケースではお買い求め後3年目にオーバーホールを実施するのが相応しいとされています。金属粉といったものが生じやすいタイミングであるため、メンテナンスを規定通りに行うのと実施しないのとでは、それ以降のコンディション、あるいは寿命に違いが見られるでしょう。忘れることなく依頼することが必要となります。

パテックフィリップは世界屈指の高級ブランドでありながら、主張しすぎずシックでシンプルな洗練された印象を与える時計です。