スタイルに合う機械式時計をチョイス!手入れの方法は?

機械式時計の種類は?

機械式時計は大きく分けて、ムーブメントが手巻きと自動巻きに分かれます。手巻きは手でリュウズを定期的に巻き上げる物です。それに対して自動巻きは手に装着しているだけで、手の動きを利用してゼンマイを巻き上げます。

手巻き、自動巻きのメリットデメリットとは?

手巻きの機械式時計のメリットは時計ケースの厚みがスリムになる事です。自動巻きムーブメントにはローターという巻き上げがあります。そのため手巻き時計のケースに比べて厚みが増します。男性と比べて手が細い女性には手巻きの方がよりデザイン的にフィットします。しかし手巻きの機械式時計はリュウズを常に巻く必要があります。通常は1日1回、それを忘れると翌日には時計は止まります。自動巻き時計は手に装着さえしていれば止まる心配は不要です。

機械式時計の手入れ方法

機械式時計は電池が不要で、ゼンマイを巻く事で半永久的に使えます。しかしより長く使うためにはオーバーホールという手入れを4〜5年に一度行う必要があります。オーバーホールはムーブメントの部品を全て分解洗浄、その部品を組み直し、注油をする手入れ方法です。プロに任せるため費用は掛かりますが、オーバーホールを施す事で機械式時計を半永久的に使う事ができます。

手巻き、自動巻きの特徴を理解する

手巻きの機械式時計はスリムで、手が細い女性向きの時計です。しかし駆動時間が短い事が特徴です。自動巻きは手につけていれば動き続け、中にはパワーリザーブという1日以上外しても止まらない長時間の駆動力を持った時計もあります。それぞれの特徴を理解して選び、手入れをする事が良い機械式時計を長く使うポイントです。

ウブロは異なる素材とアイデアの融合をコンセプトに、伝統と革新性を共存させるスイスのラグジュアリーウォッチブランドです。